桐山歯科医院 義歯(入れ歯)
  • 桐山歯科医院 メディカルデンタルエステ
  • 桐山歯科医院 義歯(入れ歯)
  • 桐山歯科医院 訪問診療
  • 桐山歯科医院 一般歯科
桐山歯科医院 義歯(入れ歯)
普段の診療で義歯(入れ歯)が合わなくて、入れ歯を装着するのが痛い。というお話をよく伺います。どうして、ご自身のお口に合わない入れ歯になってしまうのか考えてみましょう。

一言に「入れ歯」と言っても数多くの種類がございます。
患者様、それぞれの歯の状態によってご提案する入れ歯の形や機能は全く違うものになります。
その為、患者様一人ひとりに合った最適な入れ歯治療のプランをご提案させて頂き、最適な義歯をお作りさせて頂きます。
保険義歯と自費義歯の違い
入れ歯には保険義歯と自費義歯の2種類があります。

一般的に、「保険義歯(入れ歯)」のメリットとして挙げられる点は保険適用でつくることができる為、安価に義歯(入れ歯)を作ることが可能な点です。但し、保険義歯の場合は使える素材が限られるため、義歯(入れ歯)とそれを支える顎堤の適合が悪い、硬いものを咬むと義歯がたわんで、顎堤を傷つけてしまうデメリットがあります。

「自費義歯(入れ歯)」のメリットは、素材を適切に選ぶことができるため、義歯(入れ歯)と顎堤の適合が良く、硬いものを咬んでも変形しないため、顎堤を傷つけることはありません。また、熱が伝わりやすいこと、使用感がよいこと、お口の形に合わせやすく痛みが出にくいなど機能性が高いことなどが挙げられます。

デメリットとしては、保険義歯と違い、保険適用外ですので価格が高くなる点です。桐山歯科医院では、患者様の歯の状況を見させていただいた上で、最適な入れ歯治療プランを提案させて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい。

やはり、長期間にわたって安定した義歯(入れ歯)を作るためには、素材から製作方法に何ら制限を受けない「自費義歯」の方が理にかなっていると判断しております。